自立訓練(生活訓練)

自立訓練(生活訓練)

運営方針

  指定自立訓練(生活訓練)の事業は、事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を
 営むことができるよう、生活能力の維持、向上等のために必要な支援、訓練その他の便宜を
 一定期間適切かつ効果的に行います。

1日の流れ 生活訓練

時間 日中活動内容 支援内容
8:00   送迎車出発(川棚・波佐見方面)
(家族送迎利用者あり)
9:00 出勤 健康チェック等
9:15 朝礼 ラジオ体操
午前の作業・創作活動開始
◎窯業(絵付け等)
◎軽作業(箱組立、木工作成等)
◎和紙はがきの作成
個別訓練
○生活支援
挨拶、礼儀、対人マナー他
連絡帳確認(家庭・GH等からの連絡)
本日の活動内容説明
・作業工程
・作業内容の説明、指示、変更
・行事、その他

身辺処理 トイレ誘導、排泄介助
※家族・本人希望により変更可
11:50 作業終了 うがい、手洗い
12:00 昼食(昼休み) 弁当配布、歯磨き、服薬
13:00 午後の作業・創作活動開始
◎窯業 ◎軽作業 ◎創作活動
個別訓練
・作業内容の説明、指示、変更等

身辺処理 トイレ誘導、排泄介助
14:30 休憩(15分間) 水分補給
16:20 作業・創作活動終了 掃除、うがい、手洗い
終礼
連絡帳記入
更衣、荷物確認等
16:30 退勤 送迎車出発(川棚・波佐見方面)
(家族送迎利用者あり)
17:30   送迎終了

1日の流れ (個別訓練の支援内容)

時間 訓練項目 具体的な訓練、支援内容
8:30 職員迎え・
自宅出発
・支援員との朝の挨拶、家族への出勤の挨拶。
・服装・身だしなみチェック、忘れ物がないかの確認支援。
・その他、必要な伝達事項の自己申告支援。
9:00 到着 ・朝の挨拶。  健康チェック、検温、本日の体調の自己申告支援。
9:15 ◎生活訓練
  朝礼  ・連絡帳渡し  必要な伝達事項の自己申告支援。
  ラジオ体操 ・日常動作の開始の意識付け  体力づくり。
  身辺処理 ・定期的トイレ誘導、自発的なトイレ移動支援。
・排泄介助  便器の適切な使用。排泄後の後始末支援。
  挨拶、礼儀、
対人マナー他
・相手に応じた挨拶、返事
・トイレ休憩や助けてほしい等の自分の意思を相手に伝える支援。
・規則や決まり事を守る
  危険回避 ・危険物や禁止行為への対処  身の安全を考えて行動する支援。
  金銭管理 ・金種を見比べての識別。少額の保管。
11:50 作業終了 ・うがい、手洗い、後片付け支援
12:00 昼食 ・食事の仕方、歯磨き、服薬支援
・自分が好む昼休みの過ごし方の支援
13:00 ◎生活訓練 ※午前に準ずる
14:30 休憩(15分間) ・水分補給、休憩
14:45 ◎生活訓練 ※午前に準ずる
16:20 終礼 ・掃除、うがい、手洗い、連絡帳記入支援
・更衣、荷物確認等の支援
16:30 退勤 ・支援員、他利用者との退勤の挨拶。
17:30 帰宅 ・支援員との別れの挨拶。家族への帰宅の挨拶、一日の報告。

支援内容

領域 項目 留意点(支援・確認等)
基本的生活習慣 食事 食事の仕方。はし・スプーンの使用。 
排泄 排泄の習慣、トイレの使い方 
  手洗い、後始末 
着脱 衣服の正しい着脱 
生活スキル 身だしなみ 清潔な身体の維持(整髪、爪切り、髭など)   
  気候・季節に応じた衣類の調節 
清掃 掃除の仕方。整理整頓。 
保健衛生 清潔保持。常備薬の確認・手配。 
  疾病の記録、家庭への連絡    
健康管理 健康 健康の自己管理 
服薬 薬の理解と服薬 
運動 体力づくり 
社会スキル 金銭 お金の認識、識別、基本的な管理   
交通機関 通勤等での公共交通機関の利用 
自己統制 感情・欲求等の情緒の抑制。状況に適した行動。 
  集中・持続力 危険回避 
就労支援 作業活動を通じ、企業へ就職の意欲を高める。 
  職場実習・就職活動の支援    
コミュニケーション 意思表示 要求の伝達 
  コミュニケーションの手段・仕方 
対人関係 対人関係のルール・マナーの習得 
  指示理解 
  職員・利用者間などとの関係調整。相談、援助。  

作業内容一覧

窯業 農業 軽作業
※一部利用者の従事あり ※一部利用者の従事あり ●空缶リサイクル作業
・園や家庭で出るアルミ缶、スチール缶、ペットボトルのリサイクル。
・工程
①回収
②選別(アルミとスチール、不良品等の仕分)
③洗浄
④業者回収
※箱組立・木工への一部利用者の従事あり